嵐・大野くんが最も敬愛するアーティスト 伊藤若冲ってどんな人?

ニュース

嵐・大野くんが最も敬愛するアーティスト 伊藤若冲ってどんな人?

嵐のリーダーを務める大野智は、絵画やオブジェを制作するアーティストとしての一面を持つことでも知られている。現代美術家の奈良美智氏などとも親しい彼が、「最も敬愛する絵師」とリスペクトしてやまないのが、江戸中期に活躍した京都の絵師・伊藤若冲(1716~1800)だ。

 友人から若冲の画集を贈られたことがきっかけで若冲にハマったという大野が特に好きなのが、細緻をきわめる超絶技巧でニワトリや鸚鵡などのさまざまな動植物を描いた全30幅の《動植綵絵》(宮内庁三の丸尚蔵館蔵)だ。大野がナビゲーターを務めたNHK BSプレミアムで放送の「若冲ミラクルワールド」(全4回/4月3・10・17・24日再放送中)でも、大野が展覧会で実際の作品に二時間以上見入ってしまったというエピソードが紹介されていた。

 そして番組内で大野が「《動植綵絵》の中でとても気になる作品」として挙げたのが、全30幅の中で唯一想像上の生き物を描いた、「老松白鳳図」だ。鳳凰の白い羽の先には、なぜか赤と緑でハート形の模様が描かれており、大野も「江戸時代にハートの形を描いたのはなんでだろう?」と、若冲の自由な想像力に驚嘆の声をあげていた。

出典 http://www.dailyshincho.jp

1

関連記事

ピックアップ!

ピックアップ!

カテゴリー

月別アーカイブ