高畑淳子、主演舞台「雪まろげ」開幕 満員の700席観客から大きな拍手

ニュース

高畑淳子、主演舞台「雪まろげ」開幕 満員の700席観客から大きな拍手

このような精神状態の中、舞台に立つことは
尋常ではないだろう。
息子も和解し、稽古にも全力投入できたみたい
ですね。
それにしても俳優という職業は強い精神力が
必要だと言える。
すごいの一言です。

強姦(ごうかん)致傷容疑で逮捕されたが、不起訴処分となった俳優・高畑裕太(23)の母で女優・高畑淳子(61)が主演する舞台「雪まろげ」が24日、東京・北千住のシアター1010で開幕した。


 高畑はこの日、開演の約3時間前となる午前8時53分に後部座席が真っ黒カーテンで覆われたワンボックスカーで劇場に到着。初日を迎えた緊張からか、約20人の報道陣から隠れるように劇場のあるビルの中に入り、姿を見せなかった。

 事件の影響でチケットの売れ行きが心配されていたものの、700席の劇場は満員。初日とあって10分近く開演が遅れたが、高畑が登場すると大きな拍手に包まれた。

 「雪まろげ」は「放浪記」「おもろい女」に並ぶ森光子さん(12年死去、享年92)の三大代表作のひとつで、人を喜ばせるためにウソをつく温泉芸者を主人公にした人情喜劇。開演の約1時間前に劇場前に駆けつけた女性2人組は「高畑さんのファンで、事件の前にチケットを買っていた。(裕太を)甘やかしすぎだとは思うけど、事件をおこしたのはあくまで息子さんだから、舞台に出るのは問題ないと思う。楽しみにしてきた」と話した。

 10日に釈放された裕太は体調を崩し、現在も埼玉の病院に入院中。淳子も入院直後に病院を訪れたが、以降は病院にはいかず、稽古に没頭していたという。

出典 http://headlines.yahoo.co.jp

1

関連記事

ピックアップ!

カテゴリー

月別アーカイブ