猛烈な14号、台湾南方を通過へ=16号、18日九州接近か―気象庁

ニュース

猛烈な14号、台湾南方を通過へ=16号、18日九州接近か―気象庁

猛烈な台風14号は13日午後、沖縄・先島諸島の南海上を西北西へ進んだ。

 14日朝にかけて台湾の南海上を通過し、15日に中国大陸に上陸する見込み。気象庁は先島諸島では高波に注意するよう呼び掛けた。

 一方、フィリピンの東で13日未明に発生した16号は、16日午後に強い勢力で先島諸島近海へ進んだ後、進路を北東に変えて18日に九州に接近する恐れがある。15号はインドシナ半島沿岸で発生後、上陸して熱帯低気圧に変わった。

 14号は13日午後3時、先島諸島の南海上を時速25キロで西北西へ進んだ。中心気圧は900ヘクトパスカル、最大風速は60メートル、最大瞬間風速は85メートル。半径130キロ以内が風速25メートル以上の暴風域、北側440キロ以内と南側280キロ以内が風速15メートル以上の強風域。 

出典 http://headlines.yahoo.co.jp

1

関連記事

ピックアップ!

カテゴリー

月別アーカイブ