台風16号、高知県は昼前に最接近の見込み

ニュース

台風16号、高知県は昼前に最接近の見込み

強い台風16号は四国を暴風域に巻き込みながら東へ進んでいます。現在、台風16号が最も接近している高知県から報告です。

 高知市の高知海岸です。午前8時半ごろから様子が一変し、雨・風ともに非常に激しくなりました。雨は横殴りで、雨粒が顔に当たって痛みを感じます。また、風は時折、非常に激しく吹いていて、体が押されそうになるような感覚があります。

 台風がこのまま進みますと、高知県には昼前に最も接近する見込みです。これまでに室戸岬で最大瞬間風速39.2メートルを観測しています。県内では降り始めからの雨量が450ミリを超えているところもあり、県西部の8つの市町村に土砂災害警戒情報が発表されています。

 この大雨で、県西部を流れる3つの河川は氾濫危険水位に達し、さらに水位が上昇しています。また、県西部を中心に避難指示、避難勧告が出されている地区もあります。雨・風ともにこれからますます強まると見られ、河川の氾濫や土砂災害などに厳重な警戒が必要です。(20日09:45).

出典 http://headlines.yahoo.co.jp

1

関連記事

ピックアップ!

カテゴリー

月別アーカイブ