話題沸騰中の「乃木坂46」を調べた結果!

ニュース

話題沸騰中の「乃木坂46」を調べた結果!

乃木坂46の衛藤美彩、伊藤純奈、久保史緒里が主演を務めるチェーホフ原作の舞台「三人姉妹」が1月17日に初日を迎えた。本作はロシアの作家・チェーホフの同名戯曲を原作にしており、生まれ育ったモスクワを離れ、将軍であった父親の赴任先で暮らす美しき三姉妹の波乱に満ちた生活が描かれている。衛藤は中学校の教師をしている長女・オリガ、伊藤は満たされない結婚生活を送っている次女・マーシャ、久保は働くことに対して強い憧れを抱いている三女・イリーナを演じる。

公演を前に劇場で会見が行われ、作品に対する思いと見どころなどを話してくれた。まずは、それぞれの役について訊かれると、衛藤は「オリガはいつも疲れていて、ため息も多いし、あまりテンションも上がらないので難しかった」、伊藤は「マーシャは既婚者なんですけど、その“妻”という囲いから冒険したいと強く思っている不思議な役です」、そして久保は「全体的に末っ子感が出ていると思うので、そこに注目してもらえたらうれしいです」と答えた。

すでに記者会見の様子でも姉妹感が感じられるほど仲が良い3人。久保が「メイクとかも教えてくれたり、やってくれたりするので本当のお姉ちゃんみたいです」と衛藤の“お姉さん”エピソードを話すと、「でも、この子(久保)、塗ったネイルをすぐグチャグチャにしちゃったんですよ」と今度は衛藤が久保の微笑ましいエピソードを暴露。すると久保が「『言っちゃダメ!』って言ったじゃないですか!(笑)」と恥ずかしそうにツッコむ様子もまさに姉妹のように感じられた。

伊藤も「醸し出すオーラが『やっぱりお姉ちゃんだな』って思うことが多々あります。本人(衛藤)は意識してないんじゃないかな」と、衛藤の姉としての自然な振る舞いにすっかり感心しているようだった。伊藤と久保の発言を受けて、「普段、乃木坂46で“妹たち”が43人くらいいるので、そう言った意味では全然困らなかったです」と衛藤が返答。この自然な“お姉さん”感はこれまでの乃木坂46の活動の中で形成されてきたものだった。「三人姉妹」は東京・博品館劇場で2月4日まで上演される。

出典 http://headlines.yahoo.co.jp

乃木坂46 不可抗力まとめ4

2018-01-14 乃木坂46の「の」- 樋口日奈・秋元真夏・梅澤美波

乃木坂46 『いつかできるから今日できる』

1

関連記事

ピックアップ!

カテゴリー

月別アーカイブ