トレンドワード「ぼっち飯」の記事をまとめてみた!

ニュース

トレンドワード「ぼっち飯」の記事をまとめてみた!

FES☆TIVEのリーダー・汐咲玲亜が9月7日に18歳の誕生日を迎え、翌9月8日に東京・TOKYO FM HALLで「汐咲玲亜生誕祭2017-きいろまつり-」を開催した。


汐咲のメンバーカラー・黄色のペンライトでファンが会場を埋め尽くす中、生誕祭は「真夏の余熱」でスタート。「大江戸爆裂花火姫」を歌い終え、汐咲は「ありがとうございます! 楽しみにしてた!!」と笑顔を見せる。

一方で、前々日まで同じ17歳だった真野彩里愛が「同い年じゃなくなっちゃった…」と寂しそうな表情に。汐咲は「まあ、そういうもんだよ。1学年違うんだもん」と冷静に返し、「JK同士、仲良くしようね」と声を掛ける。

真野が「1つ違いって思えなくない? 周りのFES☆TIVEのメンバーよりも大人っぽいなって、1番年下から見て思うよ」と若干毒を吐くと、最年長の坂元由奈が「何も聞こえなかった(笑)」と、とぼける一幕も。

この日の生誕祭は、汐咲が「好きな曲を詰め込んだ」というセットリストで進行。汐咲は、「SUMMER☆JUMPING」では曲中に「好き!」と叫んでファンのテンションを上げ、「夏色とりどリボン」ではラストにメンバーに祝福され「ありがとうございます!」と照れ笑い。

さらに、汐咲は真っ黄色の会場を見渡し「嬉しい! みんな黄色い服を着てくれて、一面黄色で、黄色に生まれてきて良かったなと思いました」と喜ぶ。

ここで、青葉ひなりの「ちょっと待った!」という声から、ファンがケーキや花などをプレゼント。そして、会場中での「ハッピーバースデー」で汐咲を祝福した。

汐咲が「金曜日のおはよう-another story-」(HoneyWorks)をソロで歌い上げると、メンバーがメッセージを伝えることに。

メンバーを代表して、坂元由奈が「れーあちゃんとの出会いはFES☆TIVEができる前、舞台の稽古でダンスチームで一緒の時だったね。その時のれーあは中学生らしく、黒髪ロングでおとなしい子でした。れーあとはすぐ仲良くなって、遊びに行ったり、おそろコーデしたり、ずっと一緒でした。FES☆TIVE結成時、ゆなは入ってなくて、デビュー前の途中参加で加入だったから、メンバーが認めてくれるか心配だったけど、みんな喜んでくれて、何より1番喜んでくれていたのがれーあでした。今ではすっかり大人びて、しっかりしているリーダーだけど、昔はゆなの後をついてくる、口数の少ない、おとなしい子だったね。今では“おとなしい”っていうより、すごい冷めているね(笑)。5年以上の仲で、ゆなの扱いをすごい分かってて、年下だけどとっても頼りにしてるし、頼りになる自慢のリーダーです! 昔のれーあのことを思い出すと“ゆな離れ”してしまったのは悲しいけど、ゆなは“れーあ離れ”するつもりはないので、これからもお世話をよろしくお願いします。そして、リーダーだからといって、いろいろ抱え込まないように、たまにはゆなのことも頼ってね。れーあと一緒にアイドルできて幸せです。これからも一緒に、いろんな事を乗り越えて、頑張っていこうね」と語り掛け、汐咲は「ありがとう、感動した。これからもお世話します!」と笑う。

桃原ひよは、汐咲の母からの手紙を代読。「18歳のお誕生日おめでとう。家にいる時の玲亜は、反抗期も落ち着いてきたのか、いろいろな事を楽しそうに話してくれたり、時間のある時は家族で出掛けたりして、パパもママもとても嬉しいです。中2から始めたアイドル生活もあっという間で、もう高校生ラストの年になりましたね。睡眠不足で辛く、『学校を辞めたい』と言っていた時も何度もありましたが、よく頑張ってきたなと感じています。“ぼっち飯”は気になるけど、残り少ない高校生活との両立を頑張ってください。ママも、FES・TIVERさんの一員として応援しています」という言葉に、汐咲は「嬉しい、マミー!」と笑顔を見せた。

その後、汐咲メインでの「約束の日曜日」や、「天使と悪魔の片想いパレード」「ホムラノシズク」などで本編は終了。アンコールでは「FESTIBLUESKY」に続いて、「今日はたくさんお祝いしていただいて、そして黄色を振ってくれて、本当にありがとうございました。18歳になったわけなんですけど、13歳から始めたFES☆TIVEも来年5月に5年という節目を迎えます。今のすごい大事な時期に、大きなステージとか、9月3日の(東京)赤坂BLITZワンマンの大成功とか、皆さんと1歩1歩、歩んでここまで来られたなと実感しておりますので、本当に嬉しいです。そして、誕生日もこうやってたくさんの方がお祝いしてくださるからこそ、私にとって特別な日になっていて、本当に幸せだなって思いました。これからも、私の大好きなFES☆TIVEを、皆さんも大好きでいてくれたら嬉しいなと思います。18歳の汐咲玲亜も、よろしくお願いします。今日は、本当にありがとうございました!」と呼び掛け、会場全体の「ワッショイ!」で生誕祭を締めくくった。

――生誕祭を終えた直後ですが、今の心境をお聞かせいただけますか。

汐咲:多分、今までやった自分の生誕の中では大きい方の会場で、しかもホールみたいな所は初めてで、皆さんのコールとかも響いて、より大きく聞えたので、すごい感動的でした。

――今回が、高校生としては最後の生誕祭ですね。

汐咲:Tシャツのデザインにも制服を取り入れてもらったりとか、自分の中の「青春の最後」というわけでもないけど、高校生最後ということで。中2からFES☆TIVEとして活動し始めて、中学、高校とFES☆TIVEとして過ごしてきたので、学校との両立も大変だったけど、やっぱFES☆TIVEで楽しい事があるからこそ学校も頑張れたなって思うし、支えてくれた皆さんに感謝の気持ちでいっぱいだし、今日もたくさんの方に集まってもらえて嬉しかったです。ワンマン後ということもあって、最高の9月の初めっていう感じですね。

――18歳は、どんな1年にしたいですか?

汐咲:18歳になったら車の免許を取りたいなっていうのは、すごい前から思ってて。でも、18歳になって大人の仲間入りというか、今までも「しっかりしてる」って言ってもらえてたけど、もっといろんな面でもしっかりししていかなきゃいけないなって思いつつも、10代もあとちょっとなので、自由に自分らしく楽しめたらいいなって思います。

――女子高生も、残りあと半年ですね。

汐咲:そうなんですよね。とりあえず、高校を無事に卒業するっていうところですね(笑)。

――高校生の間にやっておきたい事ってありますか?

汐咲:ずっと言ってるんですけど、“制服ディズニー”をやりたい! けど、制服ディズニーをする友達がいないので(笑)、学校の友達と一緒にお昼ご飯を食べる!“ぼっち飯”を回避して!!(笑)学校のみんなに誕生日のお祝いはしてもらったんですけど、いまだ“ぼっち飯”みたいなところがあるので、ワイワイ楽しめたらいいなって思います。

――そして、高校を卒業してしまうと、ライブで制服を着た時に真野ちゃんから「コスプレ」って言われてしまいますね。

汐咲:そうなんですよ! これから「コスプレ」って言われても傷つかないように、メンタルを鍛えていきたいと思います!!

――コスプレつながりで、やりたいコスプレってありますか?

汐咲:一番好きなキャラクターはアニメ「黒執事」('08年ほか、TBS系ほか)のエリザベスちゃん(エリザベス・ミッドフォード、CV:田村ゆかり)なんですけど、好き過ぎて自分がやったらクオリティが低過ぎてガッカリしちゃいそうで(笑)。なれないけど、でもやってみたさはありますね。あと、ショートカットの男の子のキャラクターとかも、ちょっとやってみたさがあります。17歳はアニメに出会ったので、18歳はアニメオタクします。もっと出していって、いろいろできたらいいなと思います!!

出典 http://headlines.yahoo.co.jp

ぼっちは今日も一人でランチへ行く。【もえりんちゃんねる!】

【ぼっち飯】ベテラン大学ぼっちのランチタイム

【ぼっち飯】田舎者が、都会のランチに触れてみた。いっぱい食べました。

1

関連記事

ピックアップ!

カテゴリー

月別アーカイブ