話題沸騰中の「嵐」とは?

ニュース

話題沸騰中の「嵐」とは?

大晦日の風物詩のひとつが紅白歌合戦。老若男女に親しまれる国民的なテレビ番組だけあって、出場歌手のパフォーマンスも特別バージョンやこの日だけのコラボレーションが毎年行われる。2017年は、NHKの朝ドラ「ひよっこ」の主題歌を歌ったソロデビュー30周年の桑田佳祐が横浜アリーナから中継ライブを行ったり、2018年9月の引退を発表している安室奈美恵が特別ステージを披露したりと、キャリアの節目を迎える大物歌手が勇姿を見せた。1年の最後の晴れ舞台に、出場歌手や司会者らの装いにも気合いが入る。特注コスチュームやハイブランドの最新アイテムが散見された衣装をここで振り返ってみたい。
昨年の相葉雅紀に続き、個人での白組司会を務めた嵐の二宮和也は、計6着の衣装を着用した。白組の「白」をコーディネートのポイントにちりばめたタキシードやジャケットスタイルが中心だった。そのなかで注目が、後半戦のスタート時から着用した首元と裾を白地に切り替えた黒ニットに蝶ネクタイを合わせた上品なカジュアル・スタイル。これはボッテガ・ヴェネタの17-18年秋冬メンズ・コレクションのランウェイで登場したアイテムだった。
同様に、嵐のメンバーはところどころで各々、ハイブランドのカジュアルかつ上品な装いを披露した。中盤の特別企画「夢を歌おう」では、出場歌手が揃って合唱する中で大野智が二宮と同じボッテガ・ヴェネタ17-18年秋冬コレクションの白いスタンドカラー・ブルゾンを開襟で着用した。

一方で、ルイ・ヴィトンのコーディネートも目立った。初出場の竹原ピストルの紹介に登場した櫻井翔はルイ・ヴィトン18年春夏のブラウン調のレザー使いが上品なヴァーシティ・ジャケットを、二宮の衣装チェンジの間に司会をアシストした相葉雅紀が同じくルイ・ヴィトン18年春夏のネイビーのPコートジャケットを着用していた。紅組と白組のコラボレーション企画で椎名林檎とトータス松本のデュエットをナビゲートした松本潤も、2018年春夏のトレンドに浮上しているハワイアンシャツの赤をルイ・ヴィトンからチョイスし、同ブランドのシティジャケットと合わせた。

出典 http://headlines.yahoo.co.jp

嵐 二宮和也 2017.12.31 BAY STORM

[VS嵐] 新春SP2018の見どころ舞台裏紹介!

嵐が紅白で「メドレー」にガックリの声!人気の脱落理由とは?

1

関連記事

ピックアップ!

カテゴリー

月別アーカイブ